コラム|北九州市小倉北区金田の「いけだ歯科・矯正歯科クリニック」

診療時間 日・祝
9:30〜13:30
15:00〜19:00

:土曜は9:30〜13:00、14:00〜17:00
休診日:水曜・日曜・祝日
△:祝日のある週のみ、水曜も診療

〒803-0816
福岡県北九州市小倉北区金田1-2-6

tel. 093-581-5556
  • 地図
  • メニュー

子どものむし歯で注意すべきこと

皆さんこんにちは。

小倉北区のいけだ歯科・矯正歯科クリニックです。

 

子どもの歯は、大人の歯と異なる部分が多々あります。

 

それだけにむし歯についても注意すべき点がいくつか挙げられます。

 

今回はそんな子どものむし歯で注意すべきことをわかりやすく解説します。

 

子どもはむし歯になりやすい?

前提としてまず知っておいていただきたいのが乳歯のむし歯のリスクについてです。

 

子どもの歯は、大人の歯と比べると未成熟な面があり、もともとむし歯になりやすいのです。

 

そのため、大人と同じようなオーラルケアをしていては、あっという間にむし歯になってしまいます。

 

そこで当院では、お子さまの大切な歯を守るために、さまざまなむし歯予防処置を実施しております。

 

子どものむし歯は進行しやすい

子どものむし歯の特徴としてもう一つ知っておいていただきたいのが「進行速度」です。

 

上述したように、子どもの歯は未成熟なので、一度むし歯菌に溶かされ始めると、病変がどんどん広がっていってしまいます。

 

また、エナメル質と象牙質が大人の歯の半分しかないことから、歯髄炎の症状も出やすくなっています。

 

こうした乳歯の特徴をしっかりと理解しておかないと、虫歯を安易に重症化させてしまうだけでなく、最悪の場合には歯そのものを失うこととなります。

 

大人の歯への悪影響

乳歯のむし歯が重症化して、歯を失うことになったとしても、そのうち永久歯が生えてくるから、と楽観的に考えてしまう親御さまもいらっしゃいます。

 

乳歯が永久歯に生え変わることは間違いないのですが、正常に萌出してくれるとは限りません。

 

なぜなら、乳歯の虫歯や早期脱落によって、永久歯の発育や歯並びに大きな悪影響が及びかねないからです。

 

その点も踏まえて、乳歯のむし歯には十分注意しましょう。

 

まとめ

このように、子どものむし歯には注意すべき点が多々あります。

 

お子さまの歯にちょっと異常が認められたら、すぐに当院までお越しください。

 

乳歯のむし歯は予防、あるいは早期発見・早期治療するに越したことはありません。