コラム|北九州市小倉北区金田の歯医者【いけだ歯科・矯正歯科クリニック】

診療時間 日・祝
9:00〜13:00
14:30〜18:30

:土曜は9:00〜12:3013:30〜16:30
休診日:水曜・日曜・祝日
△:祝日のある週のみ、水曜も診療
【令和5年1月から診療時間変更のお知らせ】

〒803-0816
福岡県北九州市小倉北区金田1-2-6

tel. 093-581-5556
  • 地図
  • メニュー

子どものむし歯で注意すべきこと

皆さんこんにちは。

小倉北区のいけだ歯科・矯正歯科クリニックです。

 

子どもの歯は、大人の歯と異なる部分が多々あります。

子どもの歯特有の特徴に基づいたむし歯についても注意すべき点がいくつか挙げられます。

 

今回は、子どものむし歯で注意すべきことをわかりやすく解説します。

 

子どもはむし歯になりやすいため注意

前提としてまず知っておいていただきたいのが、乳歯のむし歯のなりやすさです。

 

子どもの歯は、大人の歯と比べると未成熟な面があります。

乳歯や生えたばかりの永久歯は、歯の表面が柔らかく、もともとむし歯になりやすいのです。

 

そのため、大人と同じようなオーラルケアでは不足することもあり、より丁寧なケアが必要です。

 

子どものむし歯は進行しやすい

子どものむし歯の特徴として、もう一つ知っておいていただきたいのが「進行速度」です。

上述したように、子どもの歯は未成熟なので、一度むし歯菌に溶かされ始めると、病変がどんどん広がっていってしまいます。

 

また、エナメル質と象牙質が大人の歯の半分しかないことから、歯髄炎の症状も出やすくなっています。

 

子どもでも、むし歯が進行すれば、大人と同じように痛いです。

むし歯が奥深く進行すれば、神経の治療も必要です。

そのまま放置すれば、手の施しようがなくなり抜歯することもあります。

乳歯を早くに失ってしまうことによるデメリットもありますので、早めに治療しましょう。

 

乳歯のむし歯の永久歯へ悪影響

乳歯のむし歯が重症化して、歯を失うことになったとしても、そのうち永久歯が生えてくるから、と楽観的に考えてしまう親御さまもいらっしゃいます。

乳歯が永久歯に生え変わることは間違いないのですが、正常に萌出してくれるとは限りません。

なぜなら、乳歯のむし歯や早期脱落によって、永久歯の発育や歯並びに悪影響が及びかねないからです。

 

また、お口にむし歯がある状態で、永久歯が生えた場合、生えたばかりの永久歯がむし歯になってしまうこともあります。

乳歯のむし歯も治療して、むし歯の原因菌を減らしておくことが大切です。

 

まとめ

子どもは、むし歯の痛みや症状に対して未経験であるため鈍感です。

大人に症状を訴える頃には、むし歯はかなり進行しています。

 

学校や保育施設で行われる歯科検診でむし歯を指摘されたら、できるだけ早く当院にお越しください。

また、定期検診を受診していただき、むし歯を予防していきましょう。

乳歯のむし歯は予防、あるいは早期発見・早期治療するに越したことはありません。

当院は、お子さまのお口の健康を守るためのサポートをいたします。

 

 

小児歯科|小倉北区の歯医者|いけだ歯科・矯正歯科クリニック