コラム|北九州市小倉北区金田の「いけだ歯科・矯正歯科クリニック」

診療時間 日・祝
9:30〜13:30
15:00〜19:00

:土曜は9:30〜13:00、14:00〜17:00
休診日:水曜・日曜・祝日
△:祝日のある週のみ、水曜も診療

〒803-0816
福岡県北九州市小倉北区金田1-2-6

tel. 093-581-5556
  • 地図
  • メニュー

矯正治療は子どもの頃に受けるべき?

皆さんこんにちは。

小倉北区のいけだ歯科・矯正歯科クリニックです。

 

矯正治療は、子どもが受ける小児矯正と大人が受ける成人矯正の2つに分けることができます。

 

ただ、効率良く歯並びを改善するのであれば、小児矯正から開始した方が良いといえます。

 

今回はそんな小児矯正を受けるメリットをわかりやすく解説します。

 

歯や顎のバランスを整えられる

大人が受ける矯正は、歯並びの乱れを細かく整える治療なので、骨格的な問題は改善できません。

 

一方、子どもが受ける矯正は、顎の骨の発育をコントロールできることから、骨格的な異常も改善可能です。

 

上下の顎のアンバランスが原因で、上顎前突や下顎前突になっている症例も、根本から改善することができるのです。

 

抜歯が不要となりやすい

矯正治療を大人から受けるとなると、抜歯が必要になるケースが多いです。

 

スペース不足を補うためには、便宜抜歯が合理的な解決法となるからです。

 

その点、小児矯正であれば、将来のスペース不足を予測して、顎の発育を促すことが可能です。

 

さまざまな矯正装置を使うことによって、顎の骨の幅を広げたり、前後的な長さを改善したりすることができます。

 

その結果、第二期治療で抜歯が不要となるのです。

 

もちろん、小児矯正を行っても将来抜歯が必要となるケースもありますので、あくまでケースバイケースといえます。

 

費用を抑えられる

歯並びや顎の骨の状態にもよりますが、小児矯正を行うことで、治療全体にかかる費用を抑えられることが多いです。

 

矯正治療というのは、もともと高額な費用がかかりがちであり、経済面を気にしている方も少なくないでしょう。

 

そういった方には、費用が抑えられるという点もメリットとして大きいことかと思います。

 

まとめ

このように、矯正治療は多くのケースで子どもの頃に始めた方が良いといえます。

 

歯や顎だけでなく、全身の発育にも良い影響をもたらしますので、お子さまの歯並びが気になるという方は、いつでもお気軽にご相談ください。

 

矯正の専門家が丁寧にカウンセリングいたします。