コラム|北九州市小倉北区金田の「いけだ歯科・矯正歯科クリニック」

診療時間 日・祝
9:30〜13:30
15:00〜19:00

:土曜は9:30〜13:00、14:00〜17:00
休診日:水曜・日曜・祝日
△:祝日のある週のみ、水曜も診療

〒803-0816
福岡県北九州市小倉北区金田1-2-6

tel. 093-581-5556
  • 地図
  • メニュー

合わない入れ歯にお困りの方へ

皆さんこんにちは。

いけだ歯科・矯正歯科クリニックです。

 

せっかく入れ歯を作ったのに、トラブルが多くて使っていないという方に意外に多いものです。

 

合わない入れ歯ほど不快なものはありませんので、ある意味、仕方のないことかもしれません。

 

けれども、入れ歯というのは慣れる前に時間がかかりますし、調整することで適合性を高めることもできます

 

今回はそんな合わない入れ歯にお困りの方へのアドバイスをいくつかご紹介します。

 

新製した入れ歯は違和感が大きい

作ったばかりの入れ歯というのは、慣れるまでにそれなりの時間がかかります。

 

入れ歯は、比較的大型の装置なので、装着時の異物感や違和感は誰にでも生じるものです。

 

そのため、入れ歯が合わないと感じても、新製してから1~2週間は頑張って着けてみましょう。

 

それでも異物感が解消されない場合は、調整をすることをおすすめします。

 

入れ歯は調整しながら使うもの

ブリッジやインプラントといった固定式の人工歯は、一度装着したら基本的には取り外せませんよね。

 

よほどのトラブルでも起こらない限り、大きな調整を加えることはありません。

 

一方、着脱式の入れ歯は、調整を容易に行うことができます

 

ですから、ちょっとしたトラブルや不具合が生じた際も、お気軽に当院までご相談ください。

 

使いやすくなるよう、こまめに調整いたします。

 

適合の良い入れ歯をお作りします

入れ歯は調整しながら使うものといっても、始めから適合が良いに越したことはありません。

 

当院であれば、入れ歯治療の実績が豊富ですし、始めからぴったり合う入れ歯をお作りすることも可能です。

 

患者さまのご要望を伺いながら、最善といえる精密な入れ歯をお作りしますので、合わない入れ歯にお困りの際は、いつでもご連絡ください。

 

まとめ

このように、合わない入れ歯は調整を加えることで、使いやすくなることがあります。

 

合わない入れ歯を使い続けることで、お口の粘膜を傷つけたり、顎に過剰な負担がかかったりすることもありますので注意しましょう。